アウトドアのスポーツウェアブランド

アウトドアのスポーツウェアブランドoutdoor

このページでは、アウトドアを中心に商品を展開しているスポーツウェアブランドをご紹介いたします。

アウトドアのスポーツウェアブランドの市場規模

こちらはあるビックデータを解析し、それぞれのブランドのキーワードがどれだけ検索されているかを示したデータです。各検索語の中には、該当ブランド意外の検索者も含まれています(例:カッパという検索語には、ブランドを検索してる人もいるが、雨天時に使用するカッパを探してる検索者が多く含まれる)。カタカナ検索と、アルファベットでの検索者、両方のデータを掲載しています。また、掲載規模はそのキーワードが市場でどれだけ経済性があるかの順位です。これはブランドだけの順位ではなく日本中のキーワードの中の順位になります(例として上位には「カード」、「ローン」、「転職」などの検索語があります。検索語の種類は、例えばですが、「ナイキ サッカー」、「ナイキ スパイク」、「ナイキ スニーカー」などの検索をしてる種類がどれだけあるかを示します。つまり検索がより具体的でよりそのブランドが市場で求められてるかを示す数字です。最後に、検索数/月は1ヵ月にどれだけその検索語が探されているか。この数字だけでも、ブランドの規模をすることができます。(2020年5月時点でのデータ)

ブランド名 経済規模 検索語の種類 検索数/月 備考
公式WEBサイト
パタゴニア 30444位 306 481,018
PATAGONIA 8914位 76 83,891 パタゴニア公式HP
ヘリーハンセン 48964位 74 96,477
Helly Hansen 5178位 342 12,589 ヘリーハンセン公式HP
ミレー 49856位 74 131,422
MILLET 14922位 119 33,190 ミレー公式HP
マーモット 83508位 5 5,094
Marmot データなし - - -
メレル 44890位 54 171,605
Merrell データなし - - -
チャムス
CHUMS データなし - - -

パタゴニア / PATAGONIA

ブランドタイプ
アウトドア
ホームページ
https://www.patagonia.jp/home/
発祥の地
アメリカ
設立年
1965年
由来
「パタゴニア」は南米大陸、南緯40度にあるコロラド川以南の地域の名称。地図に載っていないような遠い土地であり、氷河に覆われた山の幻想的な風景のイメージからこの社名になった。世界各国の言葉で発音がしやすかったことも理由の一つ。
有名なシリーズ
シンチラ、キャプリーン、トレントシェル、マイクロパフ、クラシックレトロX、R1エア、ナノパフ

クライミング、トレイルランニング、フィッシング、サーフィンなどの用品を手がけるアメリカの大手アウトドアブランドです。肌触りが良くて暖かな両面起毛の「シンチラ」という生地を開発した企業で、これは一般的に「フリース」とも呼ばれます。他にも「キャプリーン」といった素材も開発、これらは現在もなお進化を続けています。また、あまり目立たない色合いの多かったアウトドア製品の世界にコバルトやフレンチ・レッド、アロエなどのカラーを取り入れ、色鮮やかでおしゃれなウェアを販売し始めたのもパタゴニアです。環境問題に対しても意識が高く、売上の1%を自然環境の保護を行う団体へ寄付するという活動もしています。リサイクル原料の利用やフェアトレードにも取り組み、使用するバージンコットンは100%オーガニック農法で栽培したものです。

ヘリーハンセン / Helly Hansen

ブランドタイプ
アウトドア
ホームページ
https://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/
発祥の地
ノルウェー モス
設立年
1877年
由来
商船の艦長でもあった、創業者ヘリー・ジュエル・ハンセンの名前に由来する。
有名なシリーズ
ファイバーパイル、LIFA、Hull、アトラクター

「from ocean to mountain」をコンセプトに、セーリングやトレッキング、スノースポーツなどの用品を手がけるノルウェーのブランドです。まだ防水衣料が珍しかった時代から防水コート、レインウェア、ライフジャケット、消火バケツなどを製造販売しており、ヘリーテックなどの優れた防水テクノロジーも持っています。海や山での様々なアクティビティのための革新的な製品を提供、海洋冒険家の白石康次郎や東京オリンピックセーリング代表の富澤慎などのサポート実績もあります。またヤマハセーリングチーム「Revs」のオフィシャルサプライヤーにもなっており、ユニフォームなどを供給しながら一緒に世界のトップを目指しています。

ミレー / MILLET

ブランドタイプ
アウトドア
ホームページ
https://www.millet.jp
発祥の地
フランス サンフォン
設立年
1921年
由来
創業者のマルク・ミレーとエルマンス・ミレー夫妻の名前に由来する。
有名なシリーズ
トリロジー、ドライナミック、サースフェー、クンブ、マルシェ、ティフォン

マウンテンスポーツ愛好家のために登山やスキーのウェア、バックパック、寝袋などを製造販売するフランスのアウトドアブランドです。人類初の8000メートル峰・ヒマラヤ山脈のアンナプルナ登頂の際に使われた登山用バックパックを開発したほか、ゴアテックス素材を採用したマウンテンパーカーを初めて製造しています。2010年には、長い歴史を持つ「シャモニーガイド協会」との提携を開始しました。1921年の創業以来、100年以上に渡って様々な登山家の装備を支えてきており、山岳スポーツ界に対し大いに貢献しているブランドです。扱いのあるバックパックの容量は、登山用の50L以上のものから街中で日常使いできるサイズのものまで、多岐に渡ります。

マーモット / Marmot

ブランドタイプ
アウトドア
ホームページ
https://store.descente.co.jp/marmot/
発祥の地
アメリカ コロラド州デュランゴ
設立年
1974年
由来
山岳地方に生息するリスのマーモットに由来する。マーモットは社会性がとても高いリスとして知られている。創業者のエリック・レイノルズとデイヴ・ハントリーは大学時代に「マーモットクラブ」を設立、仲間と山登りをしていた。
有名なシリーズ
バーンディフェンダー、ゼロストームジャケット

キャンプや登山といったアウトドアアクティビティに欠かせないウェア、テント、寝袋、バックパックなどを製作販売するアメリカのブランドです。アウトドアのアイテムに初めてゴアテックスを採用したブランドで、当時、その防寒性能をチェックするため業務用の食肉冷凍庫で寝泊まりしたこともあったそうです。トップクライマーからの信頼も厚く、高機能な製品を多く生み出しています。アウトドアスタイルクリエーターであり、「山ガール」ブームのきっかけを作った四角友里とコラボレーションしたシリーズもあります。また、クリント・イーストウッドが映画の中でマーモットのジャケットを着用したことがあり、これがブレイクのきっかけにもなっています。

メレル / MERRELL

ブランドタイプ
アウトドア
ホームページ
https://merrell.jp
発祥の地
アメリカ
設立年
1981年
由来
創業者の一人であり、靴職人としても名高いランディ・メレルに由来する。
有名なシリーズ
ジャングルモック、カメレオン、モアブ

「LET'S GET OUTSIDE〜もっと自然を楽しもう」をコンセプトに、ハイキング、トレイルランニング、トレーニングなどのシューズのほか、タウンユースやビジネス向けのシューズも展開するアメリカのブランドです。ウェアやバッグなども扱っています。発売以来長く愛され続け今やブランドの象徴にもなった「ジャングルモック」や、ファッション性が高くハイキングだけでなく街でも人気の「カメレオン」シリーズなどを販売しています。また、フィット感や安定性、機能性がとても高く、キングオブハイキングシューズとも言われる「モアブ」シリーズも、今なおロングセラーです。腕利きの靴職人ランディ・メレルらが3人で立ち上げたブランドで、ハイキングブーツを通して「アウトドアを楽しむ」という思いを世の中に広めました。

チャムス / CHUMS

ブランドタイプ
アウトドア
ホームページ
https://www.chums.jp
発祥の地
アメリカ ユタ州ハリケーン
設立年
1983年
由来
創業者の友人の愛犬「CHUMLEY」に由来する。
有名なシリーズ
ハリケーントップ、ハリケーンウォーカース、エルモ

「ブービーバード」と呼ばれるカツオドリのマスコットが人気の、ウェアやバッグ、キャンプ用品などを扱うアメリカのブランドです。機能的で、なおかつカラフルな色使いが特徴で、アウトドアとしてだけでなくタウンユースとしても愛されています。特に「ハリケーントップ」は、長年人気の大ヒットシリーズです。常に遊び心を大切にした商品やサービスを提供しており、エコ活動にも積極的に参加しています。ユタ州でコロラド川のリバーガイドをしていた創業者がサングラスを落とさないようにするためのグラスストラップを開発、これがきっかけとなりブランドが誕生しました。年に1回開催される「CHUMS CAMP」は気軽にみんなでCAMPを楽しめる、自由でハッピーなイベントです。