サッカー・フットサルのスポーツウェアブランド

サッカー・フットサルのスポーツウェアブランドsoccer

このページでは、バスケットを中心に商品を展開しているスポーツウェアブランドをご紹介いたします。

サッカー・フットサルのスポーツウェアブランドの市場規模

こちらはあるビックデータを解析し、それぞれのブランドのキーワードがどれだけ検索されているかを示したデータです。各検索語の中には、該当ブランド意外の検索者も含まれています(例:カッパという検索語には、ブランドを検索してる人もいるが、雨天時に使用するカッパを探してる検索者が多く含まれる)。カタカナ検索と、アルファベットでの検索者、両方のデータを掲載しています。また、掲載規模はそのキーワードが市場でどれだけ経済性があるかの順位です。これはブランドだけの順位ではなく日本中のキーワードの中の順位になります(例として上位には「カード」、「ローン」、「転職」などの検索語があります。検索語の種類は、例えばですが、「ナイキ サッカー」、「ナイキ スパイク」、「ナイキ スニーカー」などの検索をしてる種類がどれだけあるかを示します。つまり検索がより具体的でよりそのブランドが市場で求められてるかを示す数字です。最後に、検索数/月は1ヵ月にどれだけその検索語が探されているか。この数字だけでも、ブランドの規模をすることができます。(2020年5月時点でのデータ)

ブランド名 経済規模 検索語の種類 検索数/月 備考
公式WEBサイト
ナイキ 57位 2,021 4,284,335
NIKE 26446位 222 739,556 ナイキ公式HP
アディダス 215位 1,893 3,048,857
adidas 855位 1,676 823,430 アディダス公式HP
アンダーアーマー 30455位 702 933,513
UNDER ARMOUR 14457位 71 21,689 アンダーアーマー公式HP
プーマ 1087位 1,858 676,665
PUMA 1521位 632 143,292 プーマ公式HP
ニューバランス 1033位 1,726 1,558,219
NEW BALANCE 3164位 992 151,457 ニューバランス公式HP
アシックス 554位 1,798 1,235,093
asics 44709位 1,734 200,631 アシックス公式HP
ミズノ 554位 1,798 1,235,093
MIZUNO 44709位 1,734 200,631 ミズノ公式HP
デサント 50259位 14 23,557
DESCENTE 8340位 139 18,587 デサント公式HP
アンブロ 45189位 296 135,877
UMBRO 12487位 156 20,676 アンブロ公式HP
ヒュンメル 8475位 319 33,395
HUMMEL 13888位 160 10,997 ヒュンメル公式HP
スボルメ 5136位 338 48,705
SVOLME 72172位 16 14,571 スボルメ公式HP
アスレタ 6987位 673 87,268
athleta 14383位 124 7,811 アスレタ公式HP
ロット 54695位 173 113,491
lotto 19065位 116 38,013 ロット公式HP
ディアドラ 5630位 328 93,196
diadora 8349位 165 18,600 ディアドラ公式HP
カッパ 5496位 1,101 306,424
kappa 6574位 359 89,485 カッパ公式HP
ペナルティ 11872位 256 46,384
penalty 25497位 83 3,324 ペナルティ公式HP
ダウポンチ 21860位 126 5,578
DALPONTE 88514位 1 23 ダウポンチ公式HP
サッカージャンキー 11671位 47 11,451
Soccer Junky 19431位 62 1,625 サッカージャンキー公式HP
ゴレアドール 13265位 179 18,308
goleador 21858位 121 1,722 ゴレアドール公式HP
スパッツィオ 17296位 136 4,279
spazio 18550位 146 5,986 スパッツィオ公式HP
ルースイソンブラ 8040位 112 37,592
Luz e Sombra 16812位 153 55,314 ルースイソンブラ公式HP
ガビック 9864位 144 14,455
gavic 18695位 115 4,063 ガビック公式HP
ケルメ 11428位 157 11,209
KELME 17386位 114 4,111 ケルメ公式HP
ゴル 1001位 1,911 7,244,149
gol 29481位 125 8,420 ゴル公式HP
マイター 111541位 1 1,450
mitre 61382位 86 3,353 マイター公式HP
スフィーダ 20895位 161 16,278
sfida 22925位 122 4,510 スフィーダ公式HP
アドミラル 67318位 4 16,445
admiral 15835位 181 16,204 アドミラル公式HP
ルコックスポルティフ 45684位 174 234,105
le coq sportif 12166位 117 13,404 ルコックスポルティフ公式HP
アグリナ 55364位 75 1,470
agrina 86587位 86 398 アグリナ公式HP
ヨネックス 33444位 145 443,611
YONEX 8081位 463 71,820 ヨネックス公式HP
ホマ 65368位 1 160
Joma 47805位 2 213 ホマ公式HP
キャピテン 0位 0 0
Capitten データなし - - -
デュエロ
データなし - - -
ボネーラ
bonera データなし - - -
カパース
CAPAS データなし - - -
データなし - - -
データなし - - -
データなし - - -
データなし - - -
データなし - - -
データなし - - -
データなし - - -
データなし - - -

ナイキ / NIKE

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://www.nike.com/jp/
発祥の地
アメリカ オレゴン州
設立年
1964年
由来
ナイキ社社員であったジェフ・ジョンソン氏が夢で見たギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー (Nike)」に由来する。
有名なシリーズ
コルテッツ、エアフォース、エアジョーダン、エアマックス、ショックス、ファントムビジョン、マーキュリアル、ファントムヴェノム、ティエンポ

スウッシュ (Swoosh) マークで有名な世界でダントツトップのスポーツブランド。シューズ(スニーカー)でも圧倒的な人気です。検索市場でも見て取れる通り、世界No1の売り上げを誇り、様々なジャンルのスポーツに進出してるスポーツブランドです。あらゆるジャンルのスポーツウェアを制作している。サッカー、バスケ、陸上、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、ラグビー、アメリカンフットボール、ハンドボール、体操など。 世界中に数あるスポーツウェアブランドはナイキのデザインを参考にし、ナイキに従ってマーケティングをしている会社も多数存在するほど、圧倒的な存在感を放つスポーツウェアブランド。

アディダス / adidas

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://shop.adidas.jp/
発祥の地
ドイツ バイエルン
設立年
1949年
由来
アディダスを設立した、アドルフ・ダスラーのニックネーム「アディ」と「ダスラー」を合わせたものが名前の由来となる。
有名なシリーズ
スーパースター、サンバ、スタンスミス、フォレストヒルズ、カントリー、キャンパス、ガッツレー、トリムトラブ、マラソントレーナー

アディダス スポーツパフォーマンスは、全てのアスリート達の最高のパフォーマンスのための設計・開発。全てのアスリートたちの「不可能・目標」を達成するためのあるブランド。1990年から高機能プロダクトに適用されていたパフォーマンスロゴを適用。象徴であるスリーストライプをモチーフにした右に向かって伸びるスリーストライプスは、未来へ向けてのチャレンジと目標の達成を表している。

アンダーアーマー / UNDER ARMOUR

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/
発祥の地
アメリカ オレゴン州
設立年
1996年
由来
ユニフォームの下に着用する身体にフィットした「アスリートが戦うための鎧(Armour)に由来する。
有名なシリーズ
クールスイッチ、ヒートギア、アーマーフリース、チャージコットン、ラッシュ、プリマロフト

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)はアメリカに本社を置くスポーツブランドであり、その始まりは吸汗速乾性に優れ第二の皮膚のようにフィットするコンプレッションウェアの開発からでした。従来のコットンよりもっと乾きやすい「チャージドコットン」、通気性・撥水性がよく軽量な「UAストーム」、酷暑でもドライで快適に保つことのできる「ヒートギアアーマー」、通気性が良いのに暖かくて軽量な「アーマーフリース」など、様々な機能を持ったウェアが揃っています。

プーマ / PUMA

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://jp.puma.com/
発祥の地
ドイツ バイエルン州
設立年
1948年
由来
設立者のルドルフ・ダスラーのルドルフの「Ru」とダスラーの「Da」を合わせたルーダ(Ruda)という会社を作ったが、すぐにより軽快な印象のプーマ・シューファブリーク・ルドルフ・ダスラーに社名を改めた。
有名なシリーズ
クライド、スエード、オスロシティ、コートスター、ラルフ・サンプソン、アレキサンダー・マックイーン、カール ラガーフェルド

ネコ科の動物ピューマの姿をロゴにあしらったPUMA(プーマ)も、本社はドイツです。実はアディダス創業者の兄によって設立された会社で、スニーカーのほかにもスポーツクラブウェアなどの扱いがあります。サッカーやランニングをする人達の間でも人気のブランドです。

ニューバランス / NEW BALANCE

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://shop.newbalance.jp/
発祥の地
アメリカ ボストン
設立年
1906年
由来
矯正靴の製造メーカーとして誕生。履いた人に"新しい(New)、バランス(Balance)"感覚をもたらすことが由来。
有名なシリーズ
M990、M1300、M1400、M576、M991、M1500

偏平足などを治す矯正用シューズを製造販売するブランドとして創業。また整形外科で使用されるシューズを製造するブランドでもありました。創業してから50年間ほどは、この矯正用シューズが製造販売の主でしたが、1960年頃からスポーツに適したシューズの開発にも乗り出しました。

アシックス / ASICS

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://www.asics.com/
発祥の地
日本 兵庫県神戸市
設立年
1949年
由来
「もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神があれかしと祈るべきさだ("Anima Sana in Corpore Sano")」という帝政ローマ時代の風刺作家ユベナリスの言葉の頭文字をとって、ASICSとなった。
有名なシリーズ
ゲルライト、アシックスタイガー、ゲルカヤノ、ゲル ビッカー プロ、ゲルPTG

神戸に本社を置くスポーツブランドで、スポーツシューズのオニツカタイガーを作ったオニツカ株式会社など3社が対等合併して生まれた会社です。asics(アシックス)にはランニングシューズなど、様々なスポーツに適したシューズを開発してきた歴史があり、スポーツクラブウェアもいろいろと扱っています。リサイクル材を使用したシューズの販売など、サステナブルな取り組みも行っています。

ミズノ / MIZUNO

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://jpn.mizuno.com/
発祥の地
日本 大阪府大阪市
設立年
1906年
由来
創業者自身の苗字「水野」ではふさわしくないと考えた創業者水野利八が、故郷の旧名(美濃)の間に津(実家が木材問屋)を当て、会社に人材が集まり、店が発展した時、子孫以外の人材に立派な才能を持った人が現れるように願いを込めたものである。
有名なシリーズ
オーバースエター、スターライン、グランドモナーク、M-LINE

MIZUNO(ミズノ)は大阪に本社を置く、世界的にも有名なスポーツブランドです。野球・サッカー・陸上競技・水泳など様々なスポーツに幅広く関わっており、シューズやウェア、水着などいろいろなスポーツ用品の取り扱いがあります。スポーツクラブでトレーニングする際のウェアも、速乾性、通気性、保温性など素材の特性を駆使して作られています。

デサント / DESCENTE

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://www.descente.co.jp/
発祥の地
日本 奈良県吉野郡
設立年
1961年
由来
フランス語の「descente=滑降に由来する。スキーウェア開発のアドバイザーだった日本初のプロスキーヤー西村一良のスキースクール「デサントスキースクール」から名前をもらっている。
有名なシリーズ
ゼロスタイルダウンコート、デサントオルテライン、デサントポーズ

大阪に本社を置くスポーツブランドで、スポーツクラブウェアの他にも野球やスキー、フェンシングなど様々なスポーツのウェアを開発しています。DESCENTE(デサント)では、水着やシューズなどの開発にも力を入れており、トライアスロンのスーツの開発なども手がけています。

アンブロ / umbro

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://store.descente.co.jp/umbro/
発祥の地
イギリス・マンチェスター
設立年
1924年
由来
創業者のハンフリーズ兄弟が立ち上げてブランドの礎となった会社「Humphrey Brothers」からもじって命名されたと言われている。
有名なシリーズ
スペシアーリ、アクセレイター、アクセレイターサラ、ハイク

ダブルタイヤモンドのシンプルなロゴでも有名なアンブロはサッカーの母国、イングランドで誕生しました。設立から100年以上続くこのブランドは、英国では85%のサッカークラブチームがアンブロのユニフォームを着用していた時期もあったほど。フットボールだけでなく、ラグビーやクリケット、バスケットボール、フットサル、フィットネスなど多岐にわたるスポーツウェアを展開しています。また、フットボール好きの著名人がウェアを身に着けたことで、ファッションウェアとしても流行し知名度が上がりました。

ヒュンメル / HUMMEL

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.ssksports.com/hummel/
発祥の地
ドイツ
設立年
1923年
由来
身体が重すぎて飛べなかったが努力の結果、飛べるようになったマルハナバチ(丸花蜂)の逸話に感銘を受け、ドイツ語でマルハナバチを意味するこのブランド名がつけられた。
有名なシリーズ
ALGIZ、REACH、SLIMMER STADIL、HUMMEL HIVE

ハチのロゴマークとウェアやシューズの2本ラインでお馴染みのドイツ発、現在はデンマークのスポーツウェアブランド。サッカーウェアが特に有名ですが、ハンドボールやバレーボール、バスケットボールのウェアも多く手掛けています。また、近年ではカジュアルウェアとしての評価も高く、スニーカーをふくめ一般認知度も高まっています。2023年で創業100周年を迎え、「“Change the World Through Sport.”(スポーツを通して世界を変える)」というブランドミッションを実現すべく始めたKARMA PROJECTなど、まだまだ進化が続きそうです。

スボルメ / SVOLME

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://svolme.net/
発祥の地
日本・東京都
設立年
2006年
由来
「SOCCER」「VOLUME」=「サッカーの容量」という意味の造語がブランド名の由来。
有名なシリーズ
NT(NEUTRAL ACT.)、FINE、FB

東京発のスポーツブランドであるSVOLMEは、「ファッション」と「ライフスタイル」をスポーツと融合させるカジュアルなデザインで後発ながら急速に支持を集めています。JリーグやFリーグチーム・選手とのサプライヤー契約といったフットボールにとどまらず、ランニングや部活、セパタクローなど、さらには飲食店スタッフや保育士の仕事用ユニフォームにまで幅広くチームオーダーを展開しており今後も更なる伸びしろがありそうです。

アスレタ / athleta

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.athleta.co.jp/
発祥の地
ブラジル
設立年
1935年
由来
ポルトガル語で「アスリート」の意味を持つ。
有名なシリーズ
ATHLETA classico、BomBR、O Rei Label

日本ではフットサルブランドとしてのイメージが強いアスレタですが、実は過去にはサッカーブラジル代表(しかもワールドカップで優勝した時も)の公式サプライヤー歴がある、サッカーブランドでもあります。ATHLETAのロゴ入りのジャージ、リュック、パーカーを普段着として着用している人も多く、カジュアルウェアとしても人気です。O Rei LabelやBomBRなどブランド内ブランドも人気が高く、今後も目が離せません。

ロット / lotto

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.lottosport.jp/
発祥の地
イタリア・ヴェネト
設立年
1973年
由来
発祥の地であるイタリア語だと思われるが、正確な由来は不明。
有名なシリーズ
LIFES、WORKS

イタリアの小さな街で誕生したスポーツブランドです。日本ではサッカーブランドのイメージが強そうですが、実は最初はテニスシューズの製造から始まり、バスケットボール、バレーボール、陸上競技と徐々に広がっていき、サッカーにたどり着きました。サッカーチームではドイツ、スペイン、日本(Jリーグ・大宮アルディージャ)、テニスプレーヤーではスペイン、セルビア、ポーランド人選手と本国イタリアのチーム・選手にとどまらず世界的にサプライヤー契約を結んでいました。

ディアドラ / diadora

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.diadora.com/en/jp/
発祥の地
イタリア・ヴェネト
設立年
1948年
由来
「神より賜れし至上の贈りもの」という意味の古代ギリシャ語に由来する。
有名なシリーズ
Heritage(ヘリテージ)

元々は登山靴メーカーとして創業したイタリアのブランドで、徐々にスポーツの世界に進出。サッカー、テニス、バスケットボール、自転車競技など幅広くスポーツ選手をサポートし着実に支持を得てきました。日本ではサッカースパイクやウェア、テニス用品、スニーカー等のスポーツウェアやシューズを扱う会社と安全靴を扱う会社で2社に分かれてそれぞれライセンス契約をしています。ただ、前者は残念ながら日本からは2021年をもって撤退してしまったため、現在手に入るのは在庫商品がほとんどです。海外からの発送のため送料はかかりますが、個人で公式オンラインショップから入手することは可能です。

カッパ / KAPPA

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://kappa-jp.com/
発祥の地
イタリア・ピエモンテ
設立年
1916年
由来
ギリシャ語(ギリシャ文字)のアルファベット「K」の読み方に由来する。ギリシャ語でKは「kappa(カッパ)」と読む。
有名なシリーズ
ITALIA、222 BANDA

男女が背中合わせで座っている印象的なブランドロゴ(「OMINI(オミニ)」「Kappa BANDA(カッパ バンダ)」という名称があります)のカッパはイタリアのトリノで誕生した100年以上の歴史を持つ老舗スポーツブランドです。スポーツ用品をはじめ、アパレルウェアやレジャーウェア、アクセサリーなど幅広く展開します。サッカーイタリア代表、ユベントス、バルセロナ、ACミランなどサッカーチームのユニフォームで世界的に注目を集めましたが、それ以前・以後も陸上やスキー競技、バスケットボールなどオリンピックのユニフォームやジャージもカッパが作成していました。また、日本ではSCHOOLBAG COLLECTIONとしてランドセルも発売しています。

ペナルティ / penalty

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.penalty.co.jp/
発祥の地
ブラジル・サンパウロ
設立年
1970年
由来
正式な由来は公表されていないものの、フットボールブランドであることから、サッカー用語の「ペナルティ」に由来していると予想されている。
有名なシリーズ
ジンガ、ジョガドール、ルファーダ

フットサルブラジル代表やグレミオやサンパウロFC、サントスFCなどの強豪チームのユニフォームサプライヤーを務め、それらのチームがブラジル国内だけにとどまらず、ワールドカップなどで世界中に名が知れることでブランドの認知度もどんどん広がりました。日本では1990年から日本独自企画のPENALTY商品も発売され、現在でもフットサルシューズやウェアなどのフットサル・サッカーを軸に、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール等幅広いスポーツにも展開中です。近年はサッカーJリーグチームとのサプライ契約も増えています。

ダウポンチ / DALPONTE

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.dalponte.jp
発祥の地
ブラジル・リオグランデドスル
設立年
1932年
由来
本国のダウポンチの社長の名前からとったという説がある。
有名なシリーズ
ガウーショ、アスレジャー、エアーライト、MUNICH

サッカーボール製造会社としてスタートし、徐々にシューズやアパレルも展開するようになり「DALPONTE」自体は1981年に誕生しました。現在は日本をふくむ世界20カ国以上で販売しています。日本では2003年より販売が開始され、日本独自企画商品開発のライセンス契約も結んでいます。Fリーグチームや選手など、フットサルのサプライヤー契約でも確かな支持を得ています。ポルトガル語でリラックスの意味を持つ「Relaxar(リラクシャー)」というアパレルラインも展開しています。日本で販売開始をした頃はスウェットパーカー、スウェットパンツが爆発的な人気を博しました。

サッカージャンキー / Soccer Junky

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
http://soccerjunky.com/
発祥の地
日本・東京都
設立年
2007年
由来
サッカーをはじめあらゆるスポーツに夢中になる人、それはまるで中毒者(ジャンキー)のように、ということに由来。
有名なシリーズ
claudio pandiani、LOOSE FIT TEE、BUHI Dry(BIG SHIKHOUETTE DRY POLO)、TUCANO、スプリント+9、

フレンチブルドッグ(名前はClaudio Pandiani)のイラストロゴが象徴的なサッカージャンキーは、カジュアル系のサッカーブランドという印象が強い方も多いかもしれません。ファッション/スポーツレーベルとして、サッカー、ラグビー、バスケットボール、ハンドボール、バレーボール、テニス、野球、卓球といった球技、そして水泳やサーフィン、スノーボードまで、あらゆるスポーツのユニフォームやカジュアルウェアを製造・販売しています。2007年登場と新しめのブランドながら着実にシェアを伸ばしています。

ゴレアドール / goleador

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.goleador.jp
発祥の地
日本・東京都
設立年
2000年
由来
ポルトガル語の『ストライカー』を意味する言葉が由来。
有名なシリーズ
Gライン

「サッカーをする人もしない人も、ライフワークにフットボールを」というブランドコンセプトの日本発のフットボールブランドです。シューズ以外のサッカー・フットサルウェア、アクセサリーをすべて網羅しており、当初は「知る人ぞ知る」ブランドだったものの、今や毎年発表される限定デザインのウェアや福袋は完売することも多くあるなど人気の高いブランドです。近年では湘南ベルマーレフットサルのサプライヤーを務めたり、さらには、カジュアルスーツ上下セットを販売したりするなど進化は止まらず、今後も目が離せません。

スパッツィオ / spazio

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.spazio-f.co.jp/
発祥の地
日本・東京都
設立年
2005年
由来
「空間」「スペース」という意味を持つイタリア語に由来。フットサルやサッカーを通じ知り合った仲間が新たな空間をクリエイトするという想いが込められている。
有名なシリーズ
BENE、SEA、VIAGGIO

日本発のサッカー・フットサルブランドで、2005年設立ながら日本の各都道府県のスポーツショップだけでなく海外にも展開するほど急成長しています。ドット柄や迷彩柄などほかのブランドではあまり見かけない、カラフルでポップなお洒落デザインのウェアが多く、レディースプレーヤーやキッズ・ジュニアチームなどにも人気が出ています。フットサルの地域リーグのサポートなども精力的に行っており、業界の底上げの一翼も担っています。

ルースイソンブラ / LUZ E SOMBRA

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
http://www.luz-e-sombra.com/
発祥の地
日本・神奈川県
設立年
2005年
由来
「光と陰」(英語だとLight and Shadow)の意味を持つポルトガル語が由来。
有名なシリーズ
LUZ TOP TEAM、DOMINGO、FUTEBOLISTA、GIONO ONE

コンセプトは「地球とボールで遊ぶライフスタイル」の日本発祥のフットボールブランドです。本場ブラジルを想起させるデザインでカジュアルウェアも充実。ウェアにはリサイクル素材やオーガニック素材を使用し、地球環境にも配慮しています。カフェや2on2のサッカーができるコートを併設する店舗をオープンするなど、フットサル、サッカー、ビーチサッカーそしてストリートサッカーまで、フットボールに無限の可能性を見いだすことを追求しています。

ガビック / gavic

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://gavic.jp/
発祥の地
日本
設立年
2012年
由来
GAIN VICTORYの略語(造語)に由来していて、「様々なシーンで勝利を掴む」というのがブランドのコンセプト。
有名なシリーズ
マトゥー、フォーカス4、ランシュー、SITA、ZEUS、ADROA、ARES、ANUBIS、PAAN、CALLISTO、クシーニョTF

2010年代に登場しながら、今ではフットボールブランドとしての地位を確立しているとも言えるGAViC。独創的なGKグローブ「マトゥー」シリーズやチームオーダーの多彩さなど、プレーヤーの心をつかむアイテムも多数。さらには『進撃の巨人』『ガールズ&パンツァ―』『ゆるキャン△』などの人気アニメとのコラボレーションアイテム(スニーカーやカジュアルウェア等)を発売するなど、スポーツだけにとどまらないフィールドにも進出しています。

ケルメ / KELME

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://kelmejapan.net/
発祥の地
スペイン・バレンシア
設立年
1960年
由来
ブランド名の由来は不明だが、有名な動物の足跡のロゴマークはイベリコオオヤマネコ(スペインオオヤマネコ)の足跡とのこと。
有名なシリーズ
MICHEL、PRECISION、YASSO、AG、FG、TF

世界5大陸に展開する世界的なスポーツブランドです。本国スペインでは、レアルマドリードのスポンサーを務めたこともあるほどです。近年はAFC(アジアサッカー連盟)とグローバル・パートナー契約を締結し、アジアカップに公式ボールを提供したニュースもありました。また、日本では長年「ケルメ」と呼ばれてきましたが、近年では日本版公式サイトが今後は「ケレメ」という呼び方に統一という発表をしたことも話題を呼びました。日本ではサッカー・フットサルのほか、バスケットボール、パデル(ラケットスポーツ)、ヨガウェア、そしてカジュアルウェアやスニーカーなども展開しています。

ゴル / GOL

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://gol-deportes.com/
発祥の地
日本
設立年
2001年
由来
golはポルトガル語/スペイン語で「ゴール」を意味する言葉。“フットボールを自由に探究する人達”というコンセプトを大事に、常に次のゴールを目指し続けている。

20年以上も歴史があり、日本のフットボールブランドの中では老舗ともいえるgol.。そのデザインやブランド名、そしてカタログモデルなどから南米発のブランドと思っている人も多いようですが、実際に世界中を旅しながら、毎シーズン独特な新作を発表しています。2022年のシーズンテーマはアイスランド、ともはや南米を飛び出したデザインを取り込むなどまさにワールドワイド。国内でもキャプテン翼とのコラボや南葛SC、藤枝MYFCのユニフォーム制作なども行っており、今後も独自路線で突き進む孤高のブランドです。

マイター / mitre

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.mitre.com/
発祥の地
イギリス
設立年
1817年
由来
司教や主教が典礼の執行時に被る冠を意味する言葉が由来。イタリア語読みでは「ミトラ」と読む。
有名なシリーズ
Impel Football、Personalised Football、Halftime Football

1800年代に誕生した世界最古のボールメーカーです。サッカーやラグビーなどでボールサプライヤーとしてヨーロッパで絶大な支持を得てきました。その技術を生かして、ボクシンググローブやクリケット用のグラブ、さらにはサッカースパイクも開発し、徐々にスポーツ用品も展開していきました。日本ではJリーグチームと契約を結んだ時期もありましたが、残念ながら2017年で日本での取扱いが終了となり、現在の入手方法は本国サイトからの直接購入のみとなります。

スフィーダ / sfida

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://sfidasports.com/
発祥の地
日本
設立年
2005年
由来
「挑戦」の意味を持つイタリア語に由来。ブランドメッセージも「FOR THE CHALLENGER」とブランド名とつながっている。
有名なシリーズ
No.56、Ligaresta Pro-ex、Elite Sport、Challenger、Noiser、VAIS Presser、Cheater、FOOTBALL ZOO(ミニボール)

スフィーダは手縫いサッカーボールの製造からスタートしたブランドです。そのノウハウを生かして、ドッジボールやバレーボールも販売しています。そしてボールを軸にしつつサッカー・フットサルウェアも多岐にわたり展開しています。高校サッカー、女子サッカー、フットサルチーム(Fリーグ)にビーチサッカーチーム、そしてJリーグ、さらには東アジアサッカー連盟まで、そのサポート範囲は徐々に広がっています。さらには、1932年創業の老舗ブランドYASUDA(ヤスダ)とのコラボスパイクの発売や、アメコミMARVEL(マーベル)とのコラボボールなどでも注目を集めています。

アドミラル / admiral

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.admiral-gb.com/
発祥の地
イギリス
設立年
1914年
由来
提督(海軍の将官)の意味を持つ言葉が由来で、ブランドロゴも英国海軍の袖章をモチーフにしている。
有名なシリーズ
ワトフォード、イノマー、ヒースロー、キャディバッグカモシリーズ、キャディーバッグエナメルシリーズ

100年以上の歴史を誇るスポーツブランドで、元々は海軍の制服ブランドがその始まりで、その後英国でスポーツウェアの展開を開始しました。マンチェスターユナイテッドやイングランド代表サッカーチームのオフィシャルサプライヤーを務めるなどし世界からも脚光を浴びました。現在はフットボール、テニス、ゴルフ、ジムウェアを軸に、アパレルウェア、キッズウェアまで幅広く展開しています。スニーカーは男女問わず人気が高く、スポーツブランドよりアパレルウェアと認識している人もいるかもしれません。Jリーグ・ジュビロ磐田やテニスプレーヤーなどのサポート歴もあります。

ルコックスポルティフ / le coq sportif

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://store.descente.co.jp/lecoqsportif/
発祥の地
フランス・ロミイ=シュル=セーヌ
設立年
1882年
由来
le coqはフランス語で雄鶏(ブランドのロゴマークも雄鶏)、sportifはスポーツ。
有名なシリーズ
CLASSIC SOFT、EUREKA(エウレカ)、LCS R、MONTPELLIER(モンペリエ)、PLATINUM(プラチナム)、LE COQ LIBRE(ルコックリブレ)、RIJOUME(リジューム)

フランスで最も古いスポーツブランドとも言われるルコックは、フランス代表のサッカー、ラグビー、バスケットボール、ツールドフランスチームなど多くのチャンピオンのユニフォームも手掛けてきました。日本のサッカーJリーグチーム(名古屋グランパス)ともサプライヤー契約実績があります。現在は、テニス、サイクリング、ゴルフ用のウェアやシューズが中心ですが、スニーカーやポロシャツ、ジャージなどカジュアルアイテムも人気です。

アグリナ / agrina

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://www.agrina-s.com
発祥の地
日本 埼玉県
設立年
2012年
由来
アグレッシブな(agresivo)スポーツブランドを目指し、世界中の皆を笑顔(risa)にさせたいという目的で、ブランドを誕生(nacimiento)させた。この3つのスペイン語を組み合わせた造語で「攻撃的、笑み、誕生」の意味を持つ。
有名なシリーズ
agrina ZERO、Premium

アグリナは、サッカー・フットサル、バスケットボールをはじめ、バレーボール、ハンドボール、ラグビー、テニス、野球、卓球、陸上競技など、あらゆるスポーツシーンで愛用できる総合スポーツブランドです。オン・オフ問わず着用できるカジュアルさや、デザインの多彩さ、レディースやジュニア・キッズ用ウェアのバリエーションの多さも魅力です。チームオーダーにも対応しており、長く着用できる昇華タイプを筆頭に、リバーシブルユニフォームやスリムジャージなど他ではあまり見られない、これが欲しかったというウェアが手に入るのがアグリナです。

ヨネックス / YONEX

ブランドタイプ
テニス・バドミントン・卓球
ホームページ
https://www.yonex.co.jp
発祥の地
日本 新潟県長岡市
設立年
1946年
由来
元はヨネヤマラケットだったが、海外との取引が増え発音がしにくいといった問題が発生。「YONEYAMA」の「YAMA」を取り、未来の可能性を表す「X」を付けた。
有名なシリーズ
EZONE、VCORE、ASTREL、REGNA、ARCSABER、ASTROX、NANOFLARE

新潟県長岡市で創業し、現在は東京都文京区に本社を置くスポーツブランドです。長年、バドミントンやテニスのラケットを製造販売してきました。現在はラケット以外にもウェア、シューズ、シャトル、ボールなどを販売、さらにソフトテニス、ゴルフ、スノーボード、ランニング、ウォーキング、サッカー、ロードバイクのウェア、シューズなども手がけています。ゴルフ場を運営する他、風力発電事業も手がけており、サステナビリティに対する取り組みも大切にしている企業です。元々はサケ・マス漁の隆盛期に木製のウキなどを製造する会社として創業しましたが、プラスチック製ウキが主流となったことで事業の見直しを図り、木工技術か生かせるとしてバドミントンラケットの製造を始めました。

ホマ / joma

ブランドタイプ
海外
ホームページ
https://jomajapan.com
発祥の地
スペイン
設立年
1965年
由来
創業時メンバーの第一子であるJose Manuelの頭文字をとり、1969年からJOMAという名称になった。
有名なシリーズ
TOP FLEX、TOP FLEX REBOUND、REGATE REBOUND、MUNDIAL、Liga5

スペイン発祥のスポーツブランドで、サッカー、フットサル、テニス、パデル、ランニング、ラグビー、バスケットボール、バレーボールなど、様々なスポーツのウェアやシューズを扱っています。創業時には従業員8名の小さな会社でしたが、現在ではスペインで圧倒的な市場シェアを占めるメジャーブランドになっています。2016年のリオオリンピックではいろいろな国々のウェアやシューズをサポートしました。

キャピテン / Capitten

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://capitten.jp/
発祥の地
日本 兵庫県神戸市
設立年
2022年
由来
ブランド設立者である元スペイン代表サッカー選手・アンドレス・イニエスタの想い「サッカー選手としての全てのキャリア、人間として人生で学んだこと、サッカーが持つ価値、ハードワーク、その中に野心的なものを全て込めてつけた」と力説。日本語の「縁(えん)」も入れたもの。「日本に来たのもご縁、チームでみんなとプレーできるのもご縁。チームの中でプレーすることが大切だという思いを込めた」

イニエスタが理想とする唯一無二のサッカースパイクを中心に、スポーツウェアやスポーツアパレルなど多岐に渡って展開する。サッカー選手がブランドを立ち上げ、オリジナルスパイクを作るのは世界初となる。

デュエロ / DUELO

ブランドタイプ
ナショナルブランド
ホームページ
https://www.duelo.jp
発祥の地
日本 東京都渋谷区
設立年
1997年
由来
スペイン語で「決闘」を意味する「duelo(デュエロ)」に由来。前を向いて、常に全力で挑戦していきたいという想いが込められている。
有名なシリーズ
D-001J Plactic Shirt、D-003J Piste Top、D-005 Jersey Top

東京都渋谷区にてサッカーウェアの企画・生産・販売などをしているブランドです。サッカーやフットサルの選手・チームのサポートもしており、選手とともにスクールなどのイベントも開催しています。ジェイロック(J-ROCK)という会社が運営しており、DUELOのフィルターを通して「NEW STREET FOOTBALL STYLE」の提案をすることを目指しています。ウェアはネットショップから購入できる他、全国5カ所の実店舗でも扱っているため、実際に手に取ってチェックしてから購入することも可能です。

ボネーラ / bonera

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://bonera.jp
発祥の地
日本
設立年
2007年
由来
ラテン語の「bon(良い)」と英語の「era(時代)」からの造語。「良い時代の創造」をイメージして名付けられた。
有名なシリーズ
DIAG、LIBRE

1995年に設立された、日本で初めてのサッカーファン向けサポーターズショップ「bombonera」が運営しているブランドで、南米のフットボール・フットサルをルーツとしてプレイヤー向けに展開しています。目指しているのは、ピッチ内はもちろん、ピッチ外でもおしゃれに着用できるスポーツウェアです。吸水性・撥水性・保温性といったスポーツウェアにとって重要な機能を備えているだけでなく、ファッション性の高さも追求されています。Y.S.C.C.横浜やFC大阪など、日本各地のチームのサポートもしており、東京都江戸川区にはフットサル専用コート「boneraフットサルフィールド江戸川ヒライ」も持っています。ウェアはネットショップから購入可能で、オリジナルユニフォームのチームオーダーも受け付けています。

カパース / CAPAS

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
http://www.capaz.jp
発祥の地
日本
設立年
2006年
由来
ポルトガル語で「有能な」「才能(能力)がある」を意味する言葉に由来する。
有名なシリーズ
ジグザクプラクティスシャツ、アーチロゴロングTシャツ

日本発のフットボールブランドで、サッカーウェアからカジュアルウェアまで取り扱っています。キッズ向けのウェアもあり、グローブやソックス、バッグといったグッズ類も販売しています。ブランド名は「人々には様々な才能や能力があって、そこには無限の可能性を秘めた世界が広がっている」という想いを込めて名付けられました。日本全国のフットボールチーム、フットサルチーム、ビーチサッカーチーム、さらに選手などのサポートもしています。ウェアはオンラインショップから購入できる他、全国のスポーツ用品店での扱いもあります。

デスポルチ / Desporte

ブランドタイプ
サッカー
ホームページ
https://ja.desporte.store
発祥の地
日本 静岡県駿東郡
設立年
2003年
由来
ドリブルの「D」と、ポルトガル語でスポーツを意味する「esporte」を掛け合わせた造語である。
有名なシリーズ
カンピーナス、ボアビスタ、サンルイス、

ブラジルのサッカーブランド「DELL'ERBA(デレルバ)」と日本のブランド「ドリブルジャパン」のコラボレーションにより生まれたフットサルブランドです。フットサルシューズやターフシューズをメインに扱っており、ウェアやバッグ類も販売しています。フットサルシューズは「足裏感覚」を大切にして日本人向けに作られており、日本人の足にもしっかりフィットするものです。テンポの速いフットサルゲームのために設計されており、卓越したボールコントロールをサポートしてくれるでしょう。日本国内を主な市場としていますが、世界に向けても発信しています。

ジョガボーラ / ​​JOGARBOLA

サッカードットコム株式会社が運営するサッカー・フットサルウェアのブランドで、ファッションとフットボールの融合を目指して立ち上げられました。南米のセンスやイメージをフューチャーしており、ピッチ上はもちろんのこと、タウンユースとしても着用できるようなウェアを取り扱っています。プラクティスシャツやパンツからジャージ、インナー、アウターとさまざまに揃っていますので、全身をコーディネートできます。オリジナルのチームユニフォームも作成可能です。フットサルブランドの中では歴史が長く、フットサル黎明期から業界を支えてきました。運営するサッカードットコム株式会社は「サッカーで笑顔に」をモットーにしており、サッカーに関わっている世界中の人々をもっと笑顔にしていこうと挑戦し続けている会社です。

グランデ / GRANDE

「フットボールを愛する人全てに」をコンセプトに、デザイン会社「エル・グラフィカ」が立ち上げたフットボールアパレルブランドです。デザイナーの角田修一を責任者として、さまざまなデザインのウェアを生み出してきました。国内初のドメスティックブランドで、ボールを蹴る楽しさをあらゆる面から提案するためのこだわりが詰まっています。東京銀座には、グランデフットボールプロダクツがプロデュースしたカフェもあります。ちなみに、川崎市に本社を置く「GRANDE .F.P」とは別ブランドです。

ジンガ / GINGA

北海道生まれのフットボールウェアブランドで、日常生活で気軽に取り入れてもらえるようなライフウェアも合わせて展開しています。他人と被らないウェア、自分達が本当に着たいと思えるようなウェアのみを販売するといった点がこだわりで、100人が1回買うより10人のコアなファンが10回買ってくれるような愛されるブランドを目指してきました。サッカーの指導者たちが中心となって設立しており、プロのサッカー選手や現場で実際に指導をしている人の意見などもヒアリングしたうえで、商品の開発に反映させています。ホームページからはチームオーダーを受け付けているほか、サイズ交換を1回だけ無料でできるといったサービスも提供しています。

ドロン / doron

株式会社センタースリーが運営する、スポーツアンダーウェアを専門に扱うブランドです。適度な着圧をかけてスポーツ中のパフォーマンスを向上させるコンプレッションウェアや、着用により疲労の回復をサポートしてくれるリカバリーウェアなどを主に展開しています。健康グッズなどの製造・販売を行う他、スポーツ関連商品も扱うファイテンとも連携を組み、次世代機能性スポーツアンダーウェアの開発にも力を入れています。独自の3Dカッティングこだわったウェアや段階的に着圧を変化させたウェアなどがあり、他にはない唯一無二のスポーツメーカーブランドとも言えるでしょう。元々は(株)ソールドアイが開発、現在は事業が移行され株式会社センタースリーが企画・運営・販売を行っています。

フィンタ / FINTA

ブラジル発祥のサッカーブランドで、かつてはコリンチャンス、バスコ・ダ・ガマ、クルゼイロなど、ブラジルの一流サッカークラブで使用されていました。フィンタの製品を使用したチームはブラジル国内外で好成績を残しており、「勝利をもたらす幸運のブランド」として愛されるきっかけとなっています。日本でもレノファ山口FCやアンジュヴィオレ広島などとオフィシャルサプライヤー契約を結ぶなど、Jリーグチーム・クラブチーム・学校といったいろいろな場所で使われています。ゲームシャツやインナー、ダウンジャケットなどが揃っており、ソックスやグローブの扱いもあります。レフリーウェアやアクセサリーも取り扱っているため、プレイヤーだけでなくレフリーもチェックしてみてください。

ウールシュポルト / uhlsport

ドイツ発祥のブランドで、70年以上にわたりフットボールプレイヤーのためだけに製品を開発・製造・販売してきました。ゴールキーパー用のグラブ、ウェア、パッド、シンガードなどを取り扱っており、グラブのメンテナンスグッズも揃っています。1980年代、ウールシュポルトのグラブを愛用していた世界各国の名立たるゴールキーパーが優れた成績を納めたことで、注目を集めました。その後、ゴールキーパー用品のブランドとして絶対的な地位を確立し、現在まで引き継がれています。サッカー日本代表ゴールキーパーの権田修一と契約していた時期もあり、その他にも日本・海外のゴールキーパーをサポートしています。

アールズコート / EARLS COURT

スポーツのジャンルは問わず、あらゆるスポーツシーンにマッチするアイテムを発信しているブランドです。現在スポーツをされている方や、これからスポーツをしようと思われている方の懸け橋となって、新しい可能性を共に創造していくことを目指しています。プラクティスTシャツやパンツ、ピステなど、フットボールだけでなくいろいろなスポーツをする方も快適に着用できるようなウェアが揃っています。有限会社アリカが運営しており、フットボールを始めとするさまざまなスポーツ発祥の地であるイギリスにインスパイアされて生まれたブランドということから、アールズコートと名付けられました。千葉県流山市からJリーグ参入を目指しているNAGAREYAMA F.C.とサポートパートナー契約も結んでいます。